男性型脱毛症を解明

男性型脱毛症に悩む男性はとても多いと思います。しかし、きちんと治療することで徐々に発毛することは可能です。こちらでは男性型脱毛症になってしまう原因などを解明していきますので、皆さんもご一緒に考えていきましょう。

男性型脱毛症の遺伝子とは

男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす要因のひとつとして注目されているものに男性型脱毛症があります。これは別名AGAとも呼ばれる病気ですが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応し合ってDHTという物質を作り出し、これが頭髪の成長を大きく阻害する原因となるのです。そこでは毛乳頭がこのDHTを感知することで頭髪の成長サイクルが乱れ、そこに生えている頭髪が栄養分の補給をやめてしまうというメカニズムが働いています。

それではこの男性型脱毛症を引き起こす原因にはどのようなものがあるでしょう。ここで鍵を握るのが遺伝子の存在です。たとえば親が薄毛ならば子供も似る可能性が高いといわれています。さらに薄毛に悩んでいる20代や30代といった若い世代の血液検査を行うと、その多くのケースで男性ホルモン受容体遺伝子に異常が見られることが分かってきています。これはX染色体に含まれるものですが、そもそも男性の遺伝子におけるX染色体は自分の母親から受け継ぐものですので、つまり男性型脱毛症を発症するかどうかは母親の遺伝子、さらには母方の祖父の頭髪状況を見ていればだいたい予想が付くと言えるでしょう。

このように異常をきたした男性ホルモン受容体遺伝子の影響を受けて、毛乳頭ではDHTを感知した際にアンドロゲンの働きが強まって、その後の抜け毛や薄毛の症状を加速させてしまいます。他にも男性型脱毛症の原因としては年齢的なもの、男性ホルモンの過剰な働きなどの様々な可能性が指摘されていますので、遺伝によってのみ引き起こされるわけではありませんが、少なくとも遺伝子の仕組みは今後の脱毛症治療に大きな可能性を与えていきそうです。